ディーラー、代理店経由で契約する際のメリット、デメリット

保険料が高い?独自のサービスを受けられる?

代理店やディーラーで自動車保険を契約する最大のデメリットは、保険料はどうしても割高になることです。ダイレクト型保険に比べるとサービス内容や保険料に大きな差がある場合が多いようです。契約内容の自由度が低く、いざという時には保険会社に丸投げというパターンもあるようです。また、担当者は数年で変わってしまう可能性があるため、いざというときの付き合いがしにくい場合もあります。

一方、代理店やディーラーでの自動車保険契約ではオリジナルの付帯サービスが受けられるというメリットもあります。ずっと同じ会社の車を選び続ける方や、車のことはディーラーにお任せしているという方にはぴったりかもしれません。お金がかかっても手間などを省きたい、サービスを享受したいという方には向いているでしょう。

自分のライフスタイルに合った自動車保険を選ぼう

自動車保険を選ぶときには、自分のライフスタイルを意識して選ぶようにしましょう。少しでも安い方が良いのか、保険内容を充実させるのか、事故対応が良いところをえらぶのか、などの優先させたい内容をはっきりさせると良いでしょう。

一般的に代理店やディーラーでの自動車保険契約は割高ではありますが、オリジナルのサービスを展開している場合もあります。上手に利用すれば、保険を払った以上の保証を受けることも可能です。金額だけで保険を選んでしまうと、いざという時に余計な出費を伴うこともあります。いざという時のレッカーや夜間対応などは契約前にしっかり確認しておきましょう。自動車保険の内容を理解して、より自分に合った自動車保険を選ぶようにしましょう。